杖立温泉 鯉のぼり祭り

投稿者: | 2017年5月9日

熊本県小国町と大分県日田市を結ぶ道沿いに、川に沿って崖に張り付くように並んだ温泉場があります、それが「杖立温泉」です。外から見た光景もインパクトがありますが、ひなびた昭和の雰囲気漂う温泉街にも味があり、タイムスリップしたかのような独特な空間・時間があります。

とても不思議だったのは、九州の大地震で小国も結構強く揺れて、その後の大雨の影響のダブルパンチで各地で崖崩れなどあったし、小国町と日田市を結ぶ道路沿いの崖もあちらこちらでがけ崩れが発生し修復工事が行われ、

杖立温泉の辺りもかなり揺れたはずですし雨の影響を受けやすい急な崖の多い山間部ですが、崖に張り付くような数多くの木造の古い温泉場は崖も無事で建物も倒壊してないんです。 大分県中津市の名所の「耶馬渓」では地震後の大雨の影響で巨大な岩壁が崩落しました。

1800年以上の歴史があると言われる温泉場ですから、自然との長い付き合いの中で多くの災害も経験してきたことでしょう。その歴史の中で得た知恵と工夫によって、大自然の中にありつつ災害に負けない特異な温泉場になったのかもしれませんね。

泉質・雰囲気共に私のお勧めする九州の温泉場のひとつです。ここで毎年「鯉のぼり祭り」が行われることは有名です。写真はつい最近行った際に撮りました。

 

■ 杖立温泉鯉のぼり祭りのお知らせ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*