福招く「温泉招きネコ石」

 

「natural art コロボックル工房」では自然素材をメインに使った作品を造りネコに因んだ作品もいろいろと造っています。このブログでは主にネコに因む作品を中心に紹介しています。

ネコに因む作品たちの中に福招く「温泉招きネコ石」があります。この作品とネコの詩集・絵本に関しては桜木加奈子さんによる制作がメインです。

「温泉招きネコ石」は、海で拾った石にネコの絵を描くだけでなく、「福」の縁起を高めるために、「富くじ」知られる熊本県阿蘇郡小国町の『福運三社参り』に作品を持って回り恵比寿様の福運を込め、

締めに小国町のパワースポット「下城の大イチョウ」の前に置いて大自然のパワーを込めた縁起の良い石です。

 

福運三社参

福運三社参り』は鏡ヶ池けやき水源小国両神社の三社に歩いて参ります。以下に私が撮影した「三社」の写真と「下城の大イチョウ」の写真を貼っています。(※ 写真はクリックすると拡大し、ページになっています。)

 

➀ 鏡ヶ池

まずは「鏡ヶ池」からスタートです。古くからの恵比寿様(金運)信仰の地です。この地で江戸の商人「順左衛門」は毎朝「ケヤキ水源」で身を清め、自然の恵みに感謝しながら、「小国両神社」では天下泰平と商売繁盛を祈っていたという。

そして夕方には「鏡池」でその日の商売を「鏡池」の恵比寿様に報告していました。そしてある日夢のお告げのままに富くじを買うと一等だった、という伝説です。

 

➁ ケヤキ水源

樹齢千年を超える巨大なケヤキの根元に澄み切った水が湧き出ています。ここも鏡池と同じく小さなエリアですが、すぐ近くに川が流れとても清々しい透明感のある気持ちの良い場所です。

「けやき水源の開運の水神様」の像の前にある「水かけ招福石」に柄杓で水をかけて開運を祈ります。

 

➂ 小国両神社

両神社の高橋宮・火宮の二祭神は「千両・万両の神様」とも言われ、神社の歴史は古く、大きな杉の神木がそびえ、本殿の裏と周辺の木々も大きく森も清涼で、また神社の正面に清流が流れているので、川のせせらぎの音も清々しく気持ちが良いです。

 

➃ 下城の大イチョウ

樹齢は1,000年を越える巨大なイチョウは幹周り約12m、高さ約25mあり、紅葉が見事ですが銀杏の実もデカいです。通常の銀杏の倍くらいあります。ここもエリアは小さいのですが、パワースポットとも言われ、近くに大きな滝があり、とても気持ちの良い静かな場所です。